アクアパルスはどのように設置しますか?

処理対象となる水が流れる大元の配管(給水管等)が、コイルの巻きつけポイントとなります。
アクアパルス本体は、振動・衝撃が少なく、電源が取れる場所に設置又は固定し、そこから付属のコードを伸ばします。

本体は水の入りにくい構造となっておりますが、雨水が直接かかる場所の場合は、ボックス・ビニール等でカバーをします。