アクアパルスの設置ポイント

処理対象となる水が流れる大元の配管(給水管等)が、コイルの巻きつけポイントとなります。
アクアパルス本体は、振動・衝撃が少なく、電源が取れる場所に設置又は固定し、そこから付属のコードを伸ばします。

本体は防水加工となっておりますが、雨水が直接かかる場所の場合は、ボックス・ビニール等でカバーをします。

本体の設置方法

  • 振動、衝撃の少ないところに設置します。
  • 本体は縦向きに設置します。
  • 直射日光や強い輻射熱を受ける場所は避けて下さい。
  • 本体は水の入りにくい構造となっておりますが雨水が直接掛かる場所、清掃等の水が多量に掛かる場所などに設置する場合はボックス・ビニール等でカバーをします。
  • 保守点検が容易にできるところに設置します。
  • 本体とコイルの距離は15m以内とします。
  • 塩ビ配管以外の所には取り付けないようにします。
    ※塩ビ配管以外の現場ではコイルを巻きつける配管のみ、塩ビ配管に変える等の処置が必要となります。

コイルの巻き付け方法

巻きつけ場所について

  • バルブ、エルボ、ポンプの下流部の直管部に取付けます。
  • バルブ、エルボ、ポンプ端より配管口径の2~3倍離れた位置にコイル端をセットします。
  • 下流部に直管が無い場合は上流側の直管部に取り付けます。
  • 薬注、イオン化部の上流側に配管口径10~20倍離れた位置に取付けます。
  • コイルの接続方法を並列にしないようにします。※コンデンサが過負荷になり、故障する恐れがあります。

コイルの巻き回数について

コイルの巻き回数は配管口径によって決まっています。

配管口径 巻き回数
25A 40巻き×40巻き
35A 30巻き×30巻き
40A 20巻き×20巻き
50A 15巻き×15巻き
100A 11巻き×11巻き
200A 6巻き×6巻き

コイルの巻き付け方法について

①コイルの取り付け位置を決め、端を結束バンド等で固定します。
②固定位置から下方向へ配管にコイルを巻きつけていきます。
③配管口径に合わせて、必要巻き数を配管に巻きつけます。
④必要巻き数を巻き終えたら、終わり位置をもう一度結束バンドで固定します。
※上記の操作を2回繰り返し、合計2段のコイルを配管に巻きつけます。