汚れの衣類への付着について

汚れには、「水に溶けやすい汚れ」と「水に溶けにくい汚れ」があります。「水に溶けにくい汚れ」としては、油や皮脂等があげられ、これらは界面張力の関係により生地にしっかりと付着します。

この汚れは、水だけの洗浄では落としづらく、多くの場合界面活性剤を含んだ洗濯用洗剤を用いることで、汚れを引きはがす必要があります。

アクアパルスの汚れ落としのメカニズム

アクアパルスは水の力で油を分解します!

油汚れは、複数の油粒子によって構成されています。アクアパルスを洗濯に用いる水の配管に巻きつけると、その後段を流れる水中の水の結晶粒子が細かくなります。

それまで、油粒子の中に入り込めなかった結晶粒子は、油粒子のと油粒子の間に入り込めるようになり、油汚れは膨潤状態となり、油は剥離しやすくなります。

アクアパルスの設置場所(一例)

設置することで、その後段にある洗濯機に効果を発揮します!

アクアパルスは給水の大元の配管にコイルを巻きつけて設置します。同じ系列であれば、設置の後段は同様の効果を発揮します。

設置には100Vもしくは200Vの電源が必要です。屋外対応で水の入りにくい構造になっています。